読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAKES YOU HAPPY!!!

すきなものをすきなだけ。

ジャニーズ楽曲大賞に投票してきました

投票してきたので。コメントは加筆したり修正してみたり。

 

楽曲部門

1位:「ウィークエンダー」 Hey!Say!JUMP

発売されてからこれは私の中で楽曲大賞の1位になるだろうなとずっと思っていた。発売されてから一体何度聞いたかわからない。憂鬱な月曜の朝を盛り上げてくれるようなそんな曲。金田一少年が終わってもずっと大事な、今年のHey!Say!JUMPを代表する曲になったんじゃないかと思う。

 

2位:「Get Up!」 中山優馬

初めて聞いたとき、痺れて。踊っている映像を見て、痺れた。PLAYZONE以外でもこんなに激しいダンスナンバーを踊っている優馬くんを見られるとは思わなかった。ソロアーティストとしての優馬くんの無限の可能性を感じた一曲。

 

3位:「明日へのYELL」 Hey!Say!JUMP

高木くんの久々のセンター復帰(というかセンター寄りな)曲。笑顔で爽やかな曲を歌って踊る高木くんの可愛さに見るたびにハートを撃ち抜かれてました。夏らしいさわやかな一曲。年内の音楽番組でフルで見られなかったのが心残り。

 

4位:「Sky’s The Limit」 V6

来年で20周年となるV6の底力を見せてくれた一曲。世間的におじさん、と呼ばれる年齢だとしても、V6はこれだけ踊れるんだぞ。ってことを教えてくれた。歌って踊って輝く、っていうひたすらにシンプルなアイドル像を体現してくれた一曲。

 

5位:「ビバビバモーレ」 タッキー&翼

どんなに気分が落ち込んでもこれをエンドレスリピートすれば元気になれる。そんな一曲。とにかくPVが可愛くて何度も繰り返してみた。いつまでも変わらないタッキー&翼がここにある。キラキラした宝物がたくさん詰まった笑顔になれる一曲。

 

未音源化部門

Happy Happy Lucky you(ジャニーズJr.)

 

現場部門

PLAYZONE 1986・・・・2014☆ありがとう!~青山劇場☆

今年1番通った現場です。2014年はこれを心の支えに生きたといっても過言ではない(笑)始まってから終わるまで好き!と楽しい!しかなかった。全員が踊ることを心から楽しんでいることが、ヒシヒシと伝わってきて入るたびに心の底から幸せな気持ちになりました。

 

***

 

今年は去年に比べて色んなグループの現場に入り、色んなグループに興味を持つようになりました。そのなかでもやっぱり私のジャニオタの基である、NEWSのリリースが少なかったこととツアーがなかったのが淋しいです。来年はKAGUYAをはじめたくさんリリースしてくれますように。ツアーも決まったので今からわくわくです。そしてじゃんぷがもっともっとステップアップする1年になりますように!

 

去年の回答が出てきたので畳みます。

 

楽曲部門

1位:「BOUNCE」 Hey!Say!JUMP

JUMPにハマった原因でもある1曲。初めて聞いたとき鳥肌が立ちました。平成という名をつけられ、可愛らしく幼いイメージがついている彼ら。そんな周りの価値観を破壊するようなどこを切り取ってもカッコイイと痺れる曲です。PVも作られず、NHK以外のテレビでこの曲をが披露されていないのが勿体なくて仕方ない!

 

2位:「4+FAN」 NEWS

NEWSのドラマティックな10年を、きれいに前向きにまとめられてる、イントロから盛り上がる一曲。秩父宮で一緒にお祭り騒ぎして、ジャンプして、メンバーの笑顔とファンの笑顔も全部込みで大好きな1曲です!「だって僕らファンタスティック!」

 

3位:「CANDY~Can U be my BABY~」 Sexy Zone

前回のソロ曲「Teleportation」との違いにただただびっくり。健人くんのアイドルとしての引き出しを見せつけられた感じがしました。次のソロ曲への期待も込めて。

 

4位:「スクランブル」 Hey!Say!JUMP

薮くんの作詞能力が発揮されてるなあ、としみじみ感じた大人っぽい曲。ツアーでは八乙女くんがデザインしたという衣装で踊るBESTが素敵でした。

 

5位:「猫中毒」 テゴマス

ジャニーズでこの曲ができるのは、セクゾでもジャンプでもなくテゴマスしかいない!と心の底から思った一曲。これはずるい。

 

現場部門

Hey!Say!JUMP 全国へJUMPツアー2013

初めて行ったJUMPの現場が東京ドームの初日でした。かっこよくてかわいくてたのしくて、私が思うアイドルの現場ってこれだ!と強く感じたのを覚えています。