読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAKES YOU HAPPY!!!

すきなものをすきなだけ。

カウコンの江田くんについて

2014年が終わるまであと数分と迫ったあのとき。前触れもなく黒い衣装を纏った誰かがステージに出てきた。それまで一切Jr.が出てこなかったからもう今年はJr.はつかないもので、そういうものだと思い込んでいた。けれどその中に見知った顔がいた。私の大好きな中村海人くんことうみんちゅさんと同じグループに所属しているTravis Japanの如恵留くんと七五三掛くん、その隣にMADの池田くん。まさか、と思った。視線を少し反対側にやれば明るい金髪が見えた。山亮だ、りょーちゃんだと胸が躍った。その隣には私の大好きなThey武道江田剛くんが真っ黒な衣装を纏ってにこにこと微笑んでいた。

私はずっと江田くんが見たかった。嵐魂のレポでぜいちゃんのレポが流れるたび可愛すぎてじたばたしながら江田くんが見たいって気持ちを募らせていたからというのもあったかもしれないけど。

 

それまで見ていたすべてのものが、目の前の江田剛によってすべて吹っ飛ばされた。自覚はあったんだけど、久々のこの感覚に素直に戸惑ってました。毎回これを言ってるんだけど、だってこんな風になる予定なかったから。こっちの予定なんて関係ない。ノーリーズンってやつ。それが視線の全部を奪われるくらい好きな子に出会ったときなんだろうなあ。

江田くんは最後に夏の青山劇場で見た黒髪のままだった。にこにこと楽しそうに微笑んでいた。あーどうしよう、江田くんが好きだって2014年最後に強く思った感情がこれって。恐るべし、江田剛

 

年が明けて、一曲目に歌う曲が少年隊の「What's your name?」。夏の青山で何度も何度も聞いた私の大好きなナンバー。なんなら、うみんちゅさんのWYNは夏PZでかなりの上位に入る曲で。夏の私はうみんちゅさんからずーっと目線を外せなかった。東山さんと植草さんの歌声にあわせて、目の前でふぉ~ゆ~、They武道、MAD、Travis Japan兄組がメインバックで踊りだした。

 

 

終わった後すぐに捌けて行ってしまって、え、もう行っちゃうの?!とは思ったけどそれ以上に江田くんのWYN見れたことへの興奮でもうそれ以上のことが考えられなかった。いつも見ていたうみさんのダンスとはまた全然違って、「セクシーにゃんこ」と自称するだけある27歳の色気のあるダンスに完全にノックアウトされました。

それからけっこー長い間出てこないんだけど、マッチさんが本ステージで定番の「アンダルシアに憧れて」を歌いだして途中で少年隊のお2人が出てきて、最後にPZメンバーとデビュー組がわらわらと出てきて踊るんですが。江田くんが赤黒のあのスーツ着てて…しかも立ち位置的に超目の前でアンダルシア踊っててくれて…。例の如く夏PZはやっぱりうみんちゅさんしか見てないので江田くんを見てなくて、あの短い手足でかっこいい且つ色気振りまいて踊る江田くん。しかもThey武道三人で固まって踊ってるってことに気づいたとき、もう完全にヤラレました。江田くんを、They武道以外を見るっていう選択肢が自分の中になかった。

 

 

もうほんとこれで、私には楽しい以外のものはなくて。少し先に入る1月PZの世界をちょっとだけ覗かせてくれたみたいで、ただただ幸せでした。そのあと徹子さんがパトカーでやってくるという演出があるんですが、江田くんがちゃんと「ええっ?!」って感じで演技しててそれがもーかわいくてかわいくて…かわいかった…。

確かに登場曲は2曲って少ないかもしれないんですが、その姿を見れると思ってなかったので見れただけで幸せで。踊ってる江田くんが見れて、3人揃ったThey武道が見れることがどれだけ幸せなのかってことを噛み締められた素敵な現場でした。ありがとうカウコン。

 

終わってすぐあとの感想。

 

そんな感じで、今年は江田くんとどう向き合っていくのか真剣に悩む1年になりそうです。どうしたものか。新年一発目から大きな爆弾を落とされた気分です。でも幸せです。

ふぉ~ゆ~、They武道、MAD、Travis Japan兄組PLAYZONEのリハが忙しい且つ年末年始の忙しい中姿を見せてくれてありがとう。数少ないJr.枠に君たちがいてくれてすごくすごく嬉しかったし誇らしかったよ!お疲れさま!

もうすぐ幕が開く、青山劇場最後のPLAYZONEで皆の姿が見れることを心から楽しみにしています。ああ私は一体誰を見たらいいんだろうか…。