読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAKES YOU HAPPY!!!

すきなものをすきなだけ。

青山劇場☆ PLAYZONE 30YEARS ☆1232公演

2014年で私が一番を選ぶならその現場は夏のPLAYZONEPLAYZONEはとても不思議な現場で、青山劇場に入るたびに誰かを好きになり ました。公演が終わって劇場を出る頃には好きな子が増えていく。カンパニーが、翼が率いる今のカンパニーが、どんどん好きになりました。幕が閉まる頃に一 斉に流れ出す、愛が溢れるレポを見るだけで幸せになった。

夏の初日、夜公演。ファンに冬の公演が決まったことを告げるうれしそうな表情。もう知っているのにはしゃいだり、わざと驚いた表情を作るみんなが、ああ私はこのひとたちが好きだなあと思ったことを今でも覚えています。

冬の公演に入ることができたので、きっと映像化されるという祈りも込めながらブログを書きます。この感情を忘れてしまわないうちに。

 

1/15(木)・1/16(金)17:30開演

幕があくまで誰を見るのか決まっていなくて、席についたあと隣に座った友人に誰を見たらいいかな?と思わず聞いた。そしたら「幕があいたらわかるよ」とすごく真っ当な答えをもらって、私は幕が開くのをそわそわしながら待った。耳馴染みのある「ROAD TO PLAYZONE」が流れ出すと、双眼鏡を持った私の手は夏と同じでやっぱりTravis Japanの中村海人くんを探していた。

私の初プレゾンでもある1月のPLAYZONE in NISSEIの「LOVE YOU ONLY」ではにかみながら踊る彼に電撃が走るみたいに一瞬で恋に落ちた。それから1年。君がカッコよくて苦しくて、泣いてしまうくらい好きになるなん て、思ってなかったよ。私の通った短いPLAYZONEの歴史は中村海人くんと共にある。

中村海人くん。うみんちゅさん、うみさん。とにかく彼は不思 議なひとで、私は彼のダンスに心惹かれて恋焦がれていた。会えない時間に熱を拗らせすぎて、実際に見たらそうでもないんじゃないか、なんて馬鹿なことを思って油断していたら、夏のPLAYZONEでしっかりトドメをさされた。海人くんのことが好きで仕方なかった。好きでいることが楽しくて楽しくて幸せ だった。

メロディを口ずさみながらはにかむ笑顔も、激しい曲が続いて酸素を求めるみたいに苦しそうに踊るところも、だんだん作れるように なった色気のある表情もぜんぶぜんぶ宝物だと思った。夏のPLAYZONEよりもずっとずっと厳しいセットリストなのに、海人くんが苦しい顔をほとんど見せなくなったことにまず驚いた。そして同時にうれしくなった。そんな海人くんの成長に涙腺が緩んだ。

海人くんの成長スピードは目に見えるくらいわかりやすくて、むしろそのスピードにいつも驚いている。夏は入るたびに上達していったアクロバットに感動させられていたけれど、今回は私の見てきた海人くんはど こへいったの?!って思ってばっかりだった。新しく見る海人くんに感動して、涙ぐんで、を繰り返してた。海人くんはキラキラしてるなって思った。

夏の海人くんだと「A・RA・SHI」「寿司食いねェ!」「What's your name?」辺りが好きなんだけど、今回のセトリの「カンペキ」「It's BAD」そして「マーチ」。もうこの辺りが本当に好きで、特に「マーチ」を見たあと完全に涙腺が決壊した。海人くんがかっこよすぎて、どうしたらいいのか わからなくて、息がうまくできなくなるくらい(笑)かっこよくて、気づいたら泣いてて。ああ、人って好きなひとがかっこよすぎて泣けるんだなあ…ってこと を初めて知りました。*1

 

■カンペキ

 オ レンジとグリーンのトラジャ弟組、MADと揃いの衣装を着て登場。私が見た日は両方フードを先にかぶってた気がする。途中でフードからかわいい顔がぴょこんって顔を出すのがかわいかった。海人くんの長い手足でのびのびと踊るのが見ていて好きだなあって思った。くるくると変わる表情に目を奪われた。はにかんで踊る海人くんがやっぱり好きだなあって思った。海人くんにこの振り付けよく似合うなあ、と思った。夏の10$見てても思ったんだけど海人くんってこういう振り付けを踊るの得意だよなあって思ってる。

 

■It's BAD

私が見た日は如恵留としめちゃんセンターだったのかな。初日は海人くんロックオンしてましたが、しめちゃんのダンスも大好きなので双眼鏡降ろしてなんとか2人一気に見ようと頑張ってました。日生劇場で見たときもこの歌超かっこいいし、振り付けも超かっこいい…って震えていたのでまさかトラジャだけで見れるなんて…ってすごくすごく幸せでした。うまく言葉に出来なくて申し訳ないんですがこのパキッとしたカウントの早い振り付け(であってるのかな…)がすごくかっこよくて、それを踊ってるトラジャが、海人くんが本当にかっこよくてかっこよくて…私は残念ながら海人くんのセンターは見れなかったのですが、その事実が嬉しかったし幸せでした。いつか何かで海人くんのセンターが見れる日が来るといいな。

 

■マーチ

ああ、私って海人くんがかっこよすぎて泣けるんだなあってことを知りました。ほんとに最初見たときの衝撃は言葉に言い表せないくらいで。ほんとうに海人くんがほんとうにほんとうに、かっこよかった。私は彼が好きで良かったって思った。真剣な表情でキレッキレのダンスをビシッと決めて、カンパニーで踊る海人くんが本当に本当にかっこよくて、大好きだと思った。もう本当にかっこいいしか言えないんだけど、海人くんも、他の全員もかっこよくて、全員があのオレンジの衣装を纏って、本当の軍隊のように行進するところとか、それを模した振り付けを踊るところとか、もうかっこいい以外何も言葉にできなくて。ただただ鳥肌と涙が止まらなかった。

 

私にとっての最終日。Guys PLAYZONEはどこを見るべきかすごく悩んだ。だけど今日この曲だけは双眼鏡を置こうと決めて自分の瞳で、見たいところを見た。Theyが3人で踊るのに震えて。優馬と兄組の4人、そして弟組が踊るときここでもやっぱり涙腺が緩んだ。

私はTravis Japanが好きです。どうして彼らがこんなに好きになってしまったのかわからないくらい好きで好きで仕方がなくなってました。最初気になったキッカケはしめちゃんのBAD BOYS Jで、それからしめちゃんがトラジャに所属しているのを教えてもらって、踊るしめちゃんが見たくて日生劇場の「Another」に連れて行ってもらった。最初は全員の名前と顔が一致しなくて、そもそも何人いるのかもなかなか覚えられなくて。「かいと」がふたりいたり、今の子らしい名前に驚いたりしてたっけ。いつ全員の名前を覚えたのかこんなに大好きになったのかも、最近のことなのに、もうわからない。

トラジャという括りはとても不安定なもので、例えばThey武道や"MAD"、そしてふぉ~ゆ~のように確固たるものではないということはいつも嫌でも感じさせられている。でも、確かに青山の舞台に立っている彼らは確かにTravis Japanで、当たり前のことなんだけど、それ以外の何者でもなかった。ステージの上で踊る彼らはキラキラと眩しいくらいに輝いていて、私の感じている不安を吹き飛ばしてくれた。

今回残念ながら舞台に立つことが出来なかった顕嵐くんも含めた9人のトラジャをもう一度、私が生で見る機会がありますように。そんな風に願わずにはいられない。

 

f:id:ricomica:20150215222551j:plain

初日の青山劇場。

 

やっぱりさよならは言いたくない。だからありがとうって言わせてください。ジャニーズにこんなにしっかりハマる前から私は何度も青山劇場に足を運んで舞台を見ていた。一体何回私はあの坂をのぼったんだろう。

私は一体何度青山劇場で笑ったり泣いたりしたんだろう。私だけじゃない、たくさんのひとの色んなの感情を受け止め続けてくれた青山劇場が大好きです。だから心を込めて、たくさんのありがとう。

f:id:ricomica:20150215222541j:plain

1/31の青山劇場。

*1:最初マーチ見たとき泣きながらも必死過ぎて途中から息するのやめてた気がする(笑)