MAKES YOU HAPPY!!!

すきなものをすきなだけ。

夏の魔法にかけられて

まだえびちゃんのサマパラを残しているけれど、一旦8/12で私の夏は区切りがついた。今年のガムシャラもとっても楽しかったので、愛すべきチーム羅についてのブログを書きました。

 

引き続き開催された六本木EXシアターでのガムシャラサマーステーションでは、昨年以上に熱い夏が繰り広げられていた。他の仕事で出ることができない子、以前と違うチームに入ることになった子、引き続き以前と同じチームの子、それから新しく参加する子。今年は全5チーム20名があのステージに上がった。

 

私は昨年のチーム者が大好きだったから。大好きで大好きで、大好きだったので。

嶺亜くんのチーム編成が決まったとき、ほんとうに少しだけ複雑な気持ちになった。でも、練習風景を見ていくうちにいつの間にかそれ以上に今年のチーム羅が大好きになって。それはパフォーマンスを見て確信に変わった。

 

チーム羅は去年の優勝チームで、そのチームのリーダーになった北斗くんにのしかかる重圧は他の子に比べ物にならないと、思っている。でも彼はステージにあがれば、みんなが知っている北斗くんであり続けているように、見えた。にこにこ笑って、いつだって相手チームを讃えて、その熱い想いを胸の奥に隠して。そんなリーダーが大好きだと思った。時には全力でふざけて、嶺亜くんのことも見てくれて、決めるときには全力で決めてくれる。 

そんな北斗くんを以前よりももっと好きになった。北斗くんがチーム羅のリーダーで良かった。

 

北斗くんともう一人、去年のチーム羅を経験していたのは慎太郎くんこと、慎ちゃん。元々嶺亜くんと仲良しの慎ちゃんがいてくれたことは私にとってとても心強いなぁと思わせてくれた。

嶺亜くんと同じ17歳なのに、そう思わせてくれる力強さと安心感を慎ちゃんは持っている。嶺亜くんをいつもかまって、笑わせてくれて、時にはずるいくらいにおいしいところを持って行って、それから最高のアクロバットを観客に魅せてくれる。

そんな慎ちゃんが同い年コンビで嶺亜くんと並んでるのが幸せでした。Foreverスノプリ!慎ちゃんがチーム羅のアクロバット番長で良かった。

 

嶺亜くんと同じく、チーム羅の新しいメンバー。そして今年初めて夏のガムシャラに参戦。じゃんぷ好きにはスクール革命でおなじみの高地くん。

高地くんは優しくて、嶺亜くんを構い過ぎるくらいにかまってくれた。高地くんはまるで妹の扱いが手荒なお兄ちゃんのようでした(笑)でも、北斗くん高地くん慎ちゃんで歌うメドレーの高地くんがかっこいいんだこれが!

そんな高地くんがいてくれてよかった。いつも笑顔で盛り上げてくれた。高地くんがチーム羅全員のお兄ちゃんでよかった。

 

もう一人のチーム羅新メンバー&夏のガムシャラ初挑戦なのがカウアン。

カウアンは自分の気持ちに素直でとってもマイペース。だけど、すごく熱くて仲間想いなひとだ。最初はほんと少しだけ、そのまっすぐさが不安になった。でも、カウアンはその不安をひっくり返して、チーム羅のチームワークの源と勇気に変えてくれた。

嶺亜くんとのダブルハリー、成功しても失敗してと、思いっきりハグしてくれて。それだけで涙が零れそうになったよ。

そんなカウアンがいてくれてよかった。カウアンの持つ熱さはチーム羅を熱くしてくれた。カウアンがチーム羅のムードメーカーで良かった。

 

そして、嶺亜くん。

嶺亜くんは今年の夏、またひとつ強くなったし、大人になった。嶺亜くんのパフォーマンスをしている瞳の真剣さ、横顔の美しさ。カウアンとのダブルハリー、ソロのハリーを成功させたときの満開の笑顔。

勝敗が決まる前の表情が祈るようなものに見えたのは、それだけ熱い思いに触れて感化されて、一生懸命だったからなのかな、なんて思ってみたりしてました。

また新しい嶺亜くんの新しい表情を見ることができた。些細なことも大きなこともすべてがこの夏の宝物です。

 

この夏、一体誰がメドレーの割り振りを決めたのかなんてわからないけれど。嶺亜くんのスケボーがまた見れて、嶺亜くんのソロが見れるなんて思わなかった。

いつだって笑顔でスケボーを自在に操って、ステージを駆け回る嶺亜くんはやっぱり私の大好きなキラキラした満点のアイドルそのものだった。

ああ離れられない魔法をまた、かけられてしまった。きっと私は当分チーム羅をこじらせるんだろうな。嶺亜くんが、この5人がチーム羅でほんとうによかった。

 

決勝トーナメント出場、第3位のチーム羅おめでとう!みんなとってもとってもかっこよかったよ!!!

 

(ただ、まだ嶺亜くんが茶髪にしたことによる私の傷は完全には癒えてないので茶髪にした理由となるお仕事報告を切実に待ってます。笑)