読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAKES YOU HAPPY!!!

すきなものをすきなだけ。

祝・ジャニーズ銀座2016・Bクリエ Travis Japan9人出演決定!!

中村海人くん

2/18。

Jr.担の一年が決まると言っても過言ではないジャニーズ銀座の日程が発表されました。

中村海人くんはB公演。そして出演する名前には所属するTravis Japanは9人全員の名前がありました。

涙は堪えましたが、鳥肌が止まりませんでした。だって私が彼らを好きになってからずっと見たいと願っていたものが、そこにあったからです。

 

もううれしすぎて、今の気持ちをどうしても残しておきたくて。

ものすごいポエム入っちゃってると思うのでほんとすみません。

 

トラジャが結成されたのは2012年の夏。

それから、毎年何らかの形でトラジャはクリエに出演しました。

2013年は弟組単独、2014年は優馬くんとトラジャ6(海人くん、しーくん、朝日、ひろき、しめちゃん、のえる)、そして2015年は再び弟組単独・兄組はIクリエの中のくくりとして。今年の夏で結成されて4年ですが、やっと9人のトラジャでクリエに出演が叶いました。

 

Travis JapanはPLAYZONEのために作られたグループです。

けれど、9人でPLAYZONE出演をしたのは2012年のみ。

PLAYZONEが行われていた青山劇場が閉館となり、共に大好きなグループはバラバラになるんじゃないかと怖くなりました。実際覚悟もしていました。何度も何度もそうなったとしても仕方ないんだって言い聞かせました。

けれど、中山優馬くんの「YOLO moment」のPVに9人で出演、そしてクリエはトラジャ表記こそないものの弟組・兄組のくくりで公演に出演していました。それからまさにクリエ期間中に9人でのマッチさんのバックが決まり、それから長いスパンで日程を組まれたマッチさんのバックと並行して夏~冬でドリアングレイ、サマステ、えび座、ドリボ、Japponismと各々が経験値を上げながら、マッチさんの武道館公演を終えました。いつもお世話になっているダンスク以外にもWith、Hanakoに載ったのもうれしかったなあ。

そんな色々あったマッチさんのツアーが終わり、まるで長いツアーを終えたご褒美とでも思えるタイミングで翼くんがプレゼントをくれました。

2016年になってすぐに始まったタキツバの横アリ・城ホでのコンサートにトラジャがつく。メインバックに9人Travis Japanとして起用すると。もう、正直パニックでした。だって、バックをあらかじめ教えてくれるなんて異例中の異例。しかも、9人でのお仕事。PLAYZONEで座長をしていた翼くんのバック。しかもマイクを持って歌うよとまで。翼くんの連載を読み終えたあと、私はスマホを持ちながらフリーズしてました。

楽しいしかなかったツアーが終わり、翼くんの粋な計らいにより兄組・弟組で翼くんのラジオにゲスト出演させていただき(ちなみに年末に顕嵐ちゃん・海人くんは優馬くんのラジオに一足先にゲスト出演)幸せな1年のスタートでした。

 

普通に考えれば、グループ名を出しているのにメンバーの不在があるなんてありえませんが、トラジャはトラジャという名前を出されても幕があくまで何人いるかわからないことがないとはいえないグループでした。

5・6・7・8人でも事務所がそれがトラジャだと言えばトラジャ。でも、例え9人いてもそこに誰かが欠けたら私が一番見たいトラジャじゃないんです。

武道館のオーラスで宮近は「9人一つの方向を向いて頑張ってます!」と言ってくれました。直接聞けたその言葉が、どれだけうれしかったか。ああ、宮近先生はいつもファンの欲しい言葉をくれるんだなあって思いました。

去年からトラジャは9人で雑誌に載ることが増えました。昨年頃から特にしめカジが曲を作っている、とか。しーくんや宮近がコンサートにで使えるように、とか。そんなことを話すことが増えてるように思えました。

そして、今月の雑誌で9人だけでご飯に行った話が掲載されました。*1

9人でどうしていきたいか方向性を意思統一できて、事務所に伝えたとありました。もうこの雑誌を読んだ時点でうれしすぎてどうしたらいいのかわからなかった。その時点でもう今年のクリエの括りは決まっていたのかどうなのか、私には想像することしかできないんですけど。もしかしたらそれを9人でやらせようという一押しにはなったのかもしれない。

 

結成されてからもうすぐ4年。

9人が各々で、そして一緒に頑張ってきたこと。

Travis Japanの名前を守ってきた結果が、今回のクリエの括りなのかなあ。とか。

やっぱり私には想像することしかできないんですけど。

 

私は海人くんが好きで、何人のトラジャでも海人くんがいればきっと好きだけど、

それでも私は9人のトラジャの中にいる中村海人くんが好きで応援したいから。

倍率とか色々考えるよりもそれよりも、シンプルにストレートにうれしかった。

 

これからTravis Japan=9人が当たり前になる日が来ますように。来る!

 

という気持ちを約2,000文字使ってぐだぐだ言いたかっただけの記事です(笑)

でもね、ほんとにほんとにうれしかったんだ。うれしくて仕方ないよどうしよう!9人のトラジャなんて最高じゃん!!!スペシャルじゃん!無敵じゃん!!!大好きだ!!!

*1:2016年duet3月号にて