MAKES YOU HAPPY!!!

すきなものをすきなだけ。

とある中村海人担から見た Summer Paradise 2018 -Travis Japan公演-

TDCホールで行われたSummer Paradise 2018 Travis Japan公演に行ってきました。
一昨年や去年の夏と同じくらい、私にとって中村海人がどういう存在なのか見つめ直す公演になりました。相変わらず記憶が曖昧ですが、ふわ〜っとした個人的な感想をまとめです。

 

■共通ブロック
1.Summer Paradise
2.仮面舞踏会
3.パラダイス銀河
4.硝子の少年
5.NON STOP!

ここまではまとめて。
■ずっと湾岸からの赤衣装。
■土日は海人くんは仮面舞踏会終わりでハケてハピグルまで不在。(火曜日から復活)

内くん以外の全ユニット共通ブロック。既にコンサートに入っている友達からサマパラの曲いいよ〜と聞いてたのですがこれ絶対好きなやつ!ってなりました。
一部はジャズアレンジで以前のジャニーズ舞台で使用されたもの。他のグループのセトリがわからないのですが、前半の共通ブロックはトラジャにピッタリで。特にNON STOP!はトラジャな選んだのかなーと途中まで普通に思ってました。
サマパラは座ってスタンバイして登場。ここで中村海人怪我しちゃいました、って言っていたような…オーラスのみ普通に煽ってました。ごめんねポーズからのハートとか全部可愛かったから大好きなんだけど、オーラスのみごめんねポーズがなくて。なんかそれだけでウッとなりました、
仮面舞踏会で途中から踊りながらお喋りタイムでみんなも一緒に踊って〜!無理じゃない?なんていうシーンもあったり。
復活してからは下手から3バルの高さのステージに昇っていきます。途中でのえたんに悪戯しまくっててこら!ってされててのえる先生とうみちゃん(3)だなって思いました。パラ銀入るところでぐるぐるぐるぐるわー!って松松のえかな?が両サイドでやってるのに、何故か毎回驚く役やってたのがかわいかった。混ざらないんだって笑

 

6.Happy Groovy
■ペンライト使用曲。ここからキスマイ兄さんからもらった青衣装。
火曜日までいっぱいいっぱい過ぎて普通に忘れててのえたんごめんってなりました。とらまるでは圧をかけるけど、コンサート中には何にも言わない謎の奥ゆかしさ。
最終的にどれくらい変わったのかはわからないけど紫になったペンライトがメンバーに綺麗に見えてるといいなぁ。
オーラスに向けてだんだんコール固まってくるトラジャ担いいなーって思いながら楽しくコールしてました。

 

7.Supernova
初回にイントロで声が上がっていた。やっぱりスパノバのイントロ聞くとこうなってしまうらしい。海人くんがフルで踊ってくれるようになってすごくうれしかったな。ここ生歌だよね?めちゃめちゃみんな歌うまくなっててびっくりした。
■土日は海人くんは途中のダンスが激しくなる辺りでハケて夢ハリまで不在。(火曜日から復活)

 

8.LockLock
土日は不在で、この曲めちゃめちゃ好きなのでしんどくて、この曲に限っては踊ってはいたけど誰かと決めずにぼんやり見ていたなぁ。千賀くんの振付めちゃめちゃかっこよかったし、何より衣装がたまらなく好きなのでトラジャは本当に可愛がってもらえてるなって思ったよ。
ほんとに復活するまで、海人くんがどこのパートかわからなくなってたけどめちゃめちゃかっこよくて好きが弾けた。

 

9.夢のHollywood
■ここからマッチのカマーベルトの黒ジャケット衣装。
見たいとは思い続けてたけど、マッチさんバック以外でこの衣装をまた着る日が来るなんて考えたことがなくて色んな感情にザワザワした。でも海人くん金髪にめちゃめちゃ映えててかっこよかったよ!
1月の帝劇に中村浩大くんが歌い上げていたパートが、松倉のパートに。松倉の歌声に震えた。めちゃめちゃ上手い。この演出が素敵だなって思えた、何回聞いても飽きることがない大好きな曲。
海人くんの大好きなパート「まるで夢のような」は土日はぎこちなくて、オーラスになっていつも通りになっていった気がした。
■海人くんはタップのみ不在。(こちらはオーラスまで不在)
初回だけは途中のタップいないことに祭りの大阪がフラッシュバックしてしまってだめでした。早く海人くんのタップを次に見る機会があればいいなぁ。

 

10.イン・ザ・ルーム
単独幻のイン・ザ・ルーム。初回のザワつきが凄かった。
局動画に海人くんのラップがないのがショック過ぎたので満足できるくらい聞けて嬉しかったな。ほんとにラップしてる海人くんの声がたまらなく好き。
Wカイトで抜かれたり、アイコンタクトしてるところがすごく好きでその余韻に浸ってたら何回かのえんちゅの絡みを見るのを忘れるという失態。ほんと目が足りない。
とりあえず海人くんの表情と椅子の座り方と手の動き全部が色っぽすぎてばくはつします。

 

11.Maybe(いちごみるく/のえしめしずげん)
■マッチ衣装のジャケットを脱いで。
■メインの振付はしーくんで、一部だけしめちゃん。

しーくんのフリーダンスから始まるMaybe。元々は7人用に選曲されてたはずなのに、気づいたらいちごみるくでやることになっていたとかなんとか笑
照明の魔術師と呼ばれるしーくんプロデュースだけあって、ライトがとにかく綺麗で。世界観に入り込みやすくて素敵だった。
この曲のしめちゃんがとにかく美しくて息するの忘れるくらい美しくて儚くてたまらなかった。しーくんの振付がめちゃめちゃ好きなので踊れるのが羨ましい!って思いながら見てました。首を絞める振り付けは俺!って無邪気に言うしめちゃんに若干の狂気を感じたのはまた別の話。

 

12.Up&Down and Up&Down,yo Dance!(トリプルカイト/宮近中村松倉)
■私服風衣装に光るメガネをつけて。海人くんはチェックシャツにオレンジサスペンダーの黒ガウチョで柔らかそうな黒のダンスシューズ。
■選曲は宮近。そして、振付は森田美勇人。
選曲は宮近だろうから振付もそうかなぁ、なんて話してたらまさかの美勇人で驚いた。どんな気持ちで依頼して、受けて、振付て、踊っている姿を見たんだろう。けれど思い返してみるととかっこよくて、おしゃれで、でも真似して踊りやすいパートもあって、とても私がイメージする森田美勇人らしい振付だった。
この曲はトリプルカイトのカワイイとカッコイイが散りばめられていて、宮近がタバコポイ捨てするところのくだりが大好きで。宮近が吸い始めたときから、こいつ捨てるのか?捨てるのか?捨てたー!って顔して即座に吸い殻を持って大きくバツつくる海人くんがもうとにかくめちゃめちゃにかわいくてしんどかったです。
あとこの曲も海人くんのラップがあって(紳士の顔纏って〜の部分)前半と後半で歌い方変えてた。後半の方が強めな感じがしたけど、私は前半の方が好きかもしれない。とにかく声が良過ぎて痺れる。今すぐ映像が欲しい。

 

13.Wait for you
■ここから7人で全員私服風衣装。スタンドマイクで。
Wカイト、のえしめ、しず松松っていう歌割りがたまらない。ほんとみんな歌うまくなったなぁってしみじみ。

 

14.SPARK
■選曲は海人くん、振付はしめちゃん。
ジャニオタなら絶対好きでしょ、こんなの!って思ってた振付はしめちゃんだったの天才!全員でターンするとこがとにかく大好きだったんだけど、そこがばっちりPON!に残ってて青木アナと握手したい…わかる…ここ最高だよね…
怪我のせいだと思うんだけど前半海人くんが後ろで踊らずに移動してるだけでちょっとさみしい。振付師七五三掛さんのSPARK完全版が見たいー!!!

 

15.PICK IT UP
■土日はここからワンチャンスまで不在。(火曜日から復帰)
某曲からインスパイアされたであろうシュートダンスの振付。私服風衣装でやると、更に某曲みが増しててめちゃめちゃおしゃれでかっこよかった。落ちまくりの海人くんのサスペンダーが後半は全く動かなくなっててそれはそれで微笑ましかった。

 

16.One Chance
前回しめちゃんのパートだった「超イイ」が宮近以外のメンバーで持ち回りに。海人くんは22日夜とオーラスのみ24日夜担当。
海人くんのここの僕は君を守りたいってパートが大好きなので、土日のメンタルが割とヤバかった。祭りのときもそうだったけど、見たことある曲の方が探しちゃうから見るのがつらい。
初回は見れなかったんだけど、海人くんが言う前に前髪わしゃわしゃって整えて決めて言うのが愛し過ぎてたまらないやつでした。大好き。
しかもオーラスはウィンクしてくれてたまらないやつすぎた。スーパーアイドル海人くん!

 

★MC
・トラジャ海の家
青いアロハに、サングラスつけたり花冠したり。火曜から出番の関係でベージュのパンツじゃなくなって、私服風衣装の黒ガウチョに。
花冠してるしめんちゅがただただかわいすぎて!しーくんの手に顎乗せしてるしめんちゅがかわいすぎて!全部好き!
海人くんの販促が相変わらず凄かったのでお腹抱えて笑ったけど、その効果なのか終演後はドリンクも並んでいたような気がする。

 

17.Summer上々/Ho!サマー
ファンサ曲。火曜日からはいちごみるくが移動するのを待っている間はスーパーカイトタイム!もー毎回可愛すぎて無理だった…トリプルカイトかわいすぎではってなってました。好きなアイスは?とか行きたい海は?とか、そういう他愛のない話をしてるのほんと同級生っぽくてミラクルかわいい!

 

18.so Crazy
■白シャツに黒スキニー。
先にハケたしめげんが曲前に2人で踊っててそれがリミックスなんだけど、藤ヶ谷くんのソロやってくれるのかなって震えた。今回ものえるさんの神仕事かな。
この曲ずーっと好きなんだけど、海人くんの表情の作り方が上手くなっていることに素直に驚いた。とても切なくて苦しくて見ているだけで胸が締め付けられるくらい、表現力がついたなぁってたまらなかった。

 

19.宇宙に行ったライオン
■海人くんが選曲、振付はしーくん。
■イントロのところでオレンジジャケットを羽織って。
元曲はバンド曲とのことで、トラジャがバンドやり始めたらどうしよういやそんなまさかと思ってたらこういうアプローチか!すごい!ってなった曲。松松の歌声がめちゃめちゃ綺麗だなぁって。
げんげんがみんな一緒に!って煽ってくれるのがうれしくもあり、いやでもそこ歌ってるの聞きたい!とも思うワガママなオタク。
海人くんの「俺はこんなもんじゃねーと 叫んだがおー」がほんとにグッときて。海人くんにピッタリの歌詞すぎるなって。こういうときだからこそ思ったを
一人一人ライオンを表現してるんだけど、本当に全員見たいけど結局海人くんしか見れずに終わりました。でもやっぱり最終日が一番よかったかな。表情が凛々しいというか、きりっとしていて瞳に強い意志を感じた。

 

20.TJ Calling
はいきましたコーリングー!!!
やっぱり難しすぎるしずまちゅが特に言いにくいけど頑張ったよ!客席通ってバクステに行くんだけど、土日は海人くんが動けないのでメンステに固まっていたような。
海人くんの雇ってください!(おそらく言い間違え)からの養ってください!からのペットにしてください!の流れ本当に最高だった。海人くんをヒモだと思ってないけどペットにはしたい。きゃーきゃー言われてたときの満足気な表情最高にかわいかったな。
声が足りないので暗転からの芸がなんかみんなフリーダムすぎて可愛かったけど、しめちゃんの「青木アナも声出せますかー!」が優勝。

 

21.Dance with me ~Lesson1~
のえたんが途中からレッスンが始まっちゃう!みんなうちわ置いた方がいいんじゃない?ってアナウンスしはじめたの川島プロだなって思いました。
もはやどこからツッコミを入れたらいいのかわからない宮近先生がみんなのポージング直していくけど、海人くんだけ放置されて「おいっ!」てやるのが定番の流れになりつつある。3バルに入ったときめちゃめちゃ客席か踊れててびっくりした。トラジャ担すごい…!
途中のメンバー名をコールするところで、みんなでシュートダンスやってたのか超かわいくて好き。でも優勝はまつくの真似して両手あげてぴょこぴょこしてたやつ。あの海人くんスーパーミラクルウルトラキュートボーイ。

 

22.ONE DAY(SHOCK/松松)
息を呑んでしまうくらいに歌が上手くて、それからとても耳がしあわせな時間でした。
SHOCKの知識が浅すぎて考察などを読んで勉強したのだけど、あのステージに松松のふたりぼっちがとてもよくて。トラジャの中でもずっと松松であると同時にカイトとゲンタで生き続けていくんだなぁと思いました。
日毎にペンライトが担当のメンカラから、二人の色に変わって行くのが綺麗だった。

 

23.星屑のスパンコール(のえしめしずうみちか)
■ここから玉虫色衣装。
松松がカイトとゲンタなら、5人はPLAYZONEで育った子供達。イントロでザワついて、それから胸がいっぱいになった。公演が進むにつれて、海人くんの表情が良くなっていった。本当にいい曲。

 

24.どうなってもいい~It's BAD
■最終日までまでここから夜の海は不在。
何度も何度も見たこの2曲。見たことある曲こそ、不在がしんどかった。海人くんがいないときはしめちゃんを見てたんだけど、しめちゃんの色気にやられて公演が終わるたびにしめちゃんやばいってしめ担に言ってました。
最終日は星屑のあとに海人くんが履けなくて、もう正直復活は無理だろうなって諦めてて。え?なんで?って思ってたら曲が始まって踊り始めたからもうパニック。でも復活して海人くんの見て、どう足掻いても私は海人くんが好きなんだなって思い知らされた。
イツバの手拍子からの手のひらを開く海人くんの溜めるとこが大好きで大好きで、私はやっぱりこれが見たいんだなって、ずっと待ってたんだよって、胸がいっぱいになった。

 

25.夜の海(SHOCK)
「夜の海だけは見たい」と公演期間何度言ったかわからない。一度給水のため?に捌けるから、このまま戻ってこなかったらどうしようって祈るような気持ちでステージを見つめてた。
先に松松が出てきて、そこから1、2、3、4、5…7人いたあの感情は言葉にできない。もう立ってるのに必死で、若干泣いてたけど、泣くよりも海人くんの夜の海を見たいというオタク心が勝って息を止めて双眼鏡のレンズを覗いた。
ただでさえ頭がぱーん!となって記憶喪失になりがちなので正直あんまり覚えてないという。でも海人くんのターンがすごく綺麗で、最後の捌けていくところにすごく物語を感じてすごくすごく好きで。一曲の流れとかフォーメーションとか、すごく綺麗で見惚れて。これを見ることができてとても私は幸運だと思った。

 

26.Guys PLAYZONE
■玉虫衣装のジャケットはぬいで、黒シャツでグローブ。
海人くんは火曜までほぼ踊らず、センターで歌い上げる感じ。
2018PLAYZONEと歌い上げたときの初回のざわめきが忘れられない。
土日はほんっとーに自担が踊らないガイズなど。汗かかずに最後の気力振り絞ってないガイズなんてー!って言ったりして、6人の担当が羨ましくて仕方なかった。だから踊ってくれたのかうれしくてうれしくて。でもやっぱり一番オーラスの最後の気力振り絞ってる海人くんが好きだった。みんな吠えていたし、客席も叫んでた。ああ、私は今年の夏もPLAYZONEに来れたんだって思えた。
この夏に今の7人とファンでGuys PLAYZONEを作り上げることに意味があるんだ。だってあの子達はPLAYZONEとSHOCKをあんなにも大切にしてるんだから。

 

■共通ブロック
27.Family~ひとつになること~
28.BORN in THE EARTH
29.Power of Paradise

ここもまとめて。
Familyはのえちかが3バルのところまで登って5人は両サイドのタワーのところに。
23日の夜公演で宮近が曲中の日替わりのところで「Travis Japanでよかった」って言ってくれてたまらなかった。宮近がトラジャでいてくて本当によかった。
BiTEは衣装替えがあるので半分ずつ。
■ここから紫のベロア衣装に白ジャケットで、オーラスだけ胸元にコサージュがついてた。トリプルカイトといちごみるくで色が違ってスタッフさんの愛を感じた。
パワパラは元々すごく好きな曲で、自ユニがやってるのを見てやっぱりいい曲だよな〜って。ぱんぱぱんぱんぱん!て口パクで歌ってるのが私の大好きな中村海人くんで、ただひたすらかわいくて最高でした。
しめちゃんの挨拶で本編は終了。
終わったあとにビジョンに俳句が出るんだけど、「来年は 行ってみたいな ハリウッド」にかわいいトラのよくできましたスタンプ。これはハリウッド貯金をしておけという圧なんでしょうか、します。

 

★アンコール
30.Summer Paradise

落下物で遊ぶ海人くんがかわいかった。
キャッチできなくてぴょこぴょこジャンプしてるのヒヤヒヤしたけど、わんこがひとり遊びしてるみたいでとにかくかわいい。

 

★Wアンコール
31.Happy Groovy
オーラスのみ。
宮近が「それでは聞いてください、シンデレラガール」って言うから湧く会場。かわいかった。

 

★トリプルアンコール
・挨拶
オーラスのみ。
酸欠になるくらいトラジャの名前を叫んだ。
どうしても諦められなくて、絶対来てくれると思ってて、でもやっぱりダメかなって思ったとき、衣装から私服(ていうかリハ着)を着て出てきてくれた。
海人くんはなんかもうゆるっゆるな私服でちょっと恥ずかしそうでめちゃめちゃにかわいかった。
一人一人挨拶してくれました。
松松の挨拶に本当にトラジャにきてくれてありがとうって心強さを感じた。背は小さくてまるでチップとデールみたいにかわいいのにこの二人もとても強いね。
しーくんはちょっと恥ずかしそうに笑いながらの挨拶で、いつまでもこのステージにいてねと思った。
しめちゃんはあんなにかわいいのに本当に強い人で、ずっとアイドルでファンは幸せだなぁっていつも思うよ。しめちゃんは本当に優しいね。
海人くんの挨拶はやっぱり怪我のこと。本当に君は一生懸命周りに愛されているね。なんて優しいメンバーに恵まれたんだろう。本当にメンバーも、スタッフの方にもありがとうしかない。
のえたんの挨拶にトラジャの強みを見つけられてそれをすごく活かせたなぁと思った。
宮近の挨拶にもうウッとなってしまって、えへへって赤ちゃんみたいに無防備に笑ってるけど。この2年で優しい心はどれだけ傷ついて、この小さな体でどれだけのものを背負って真ん中に立っていてくれたんだろう。幸せな夏になってくれて、やっと宮近が泣かない夏がきたね。本当に良かった。

 

■サマパラリハーサル風景


Travis Japan【Summer Paradise 2018】リハーサル大公開!!

 

中村海人くん カテゴリーの記事一覧 - MAKES YOU HAPPY!!!

コンサート カテゴリーの記事一覧 - MAKES YOU HAPPY!!!

 

 

別記事にするのもって感じなのでここに。

初日は感情がぐちゃぐちゃで、正直海人くんがいないときどこを見たらいいのかわからなくて困った。


今までやったことがある曲で海人くんがいるはずのところにいないっていうのが本当にしんどくて、どうしても6人しかいないステージに海人くんの姿を探してしまってた。6人の姿を見慣れてしまうのが怖かった。
初日はとてもじゃないけどこの先復活してくれるとは思えなくて、これから先の公演を楽しく見れないかもしれないって思った。

海人くんがステージに立っていてくれることを当たり前と思ったことはないけど、それでも立ち続けてくれることがどれだけ奇跡のようなことなのかって改めて考えた。
トラジャの現場以外にも結構な回数行っているので、私にとっての「自担・中村海人」という存在がどういうものなのかって改めて考えるいい機会になったのかもしれない。*1
正直怒ったし泣いたし悔しかったし、ばかー!てぐるぐるしてた。でも結局あんな顔であんなことを言われたら、私はもう何も言えない。

海人くんに戻ってきてくれてありがとう。っていうのと、でも正直それ以上にいっぱい迷惑をかけてしまったメンバーとスタッフさんへの感謝の気持ちが強い。
どうぐるぐるしてもやさしい人達に囲まれて愛されていてよかったね。恵まれてるね。トラジャでよかったねって感情に帰結してしまうので、今回は友達に言われた「終わりよければすべてよし」ということでそれ以上はもう考えないことにしました。

まぁお利口ぶってみましたが、やっぱりあんなに素晴らしいどうなってもいい~夜の海を他のメンバーは12回やってるのに自担が2回しかやってないのはやっぱりなんで!おかしい!ってならないはずがなく…矛盾はしてるんですけど、何かでまたやってくれることを期待したいと思います。
今回の借りをどこでどうやって返してくれるのかはわからない。けど、借りはきっと海人くんが思っている100倍はでっかいぞ~って覚悟して欲しい。平成最後の夏はもう二度と帰ってこない。だから海人くんへの大きい貸しがどんな風に返ってくるのをこれからの楽しみにしようかな。

でもほんとにほんとにすっごーく楽しかった!
松松が入ってきて本当によかった!かわいくて歌が上手で、やっぱりかわいくて面白いくて、かっこよくて強い2人!
歌が上手い2人に影響されて、5人の歌がとっても上手くなった。パフォーマンスに気持ちをすって入れるようになった。トラジャに「歌」っていう新しい武器を授けてくれてありがとう。これから新しい思い出いっぱい作って行こうね。

何度も書いているけど、私はとにかく海人くんと最新のトラジャを応援していきたいひと。だけどサマパラの前に「前向きな意見も誰かを傷つけているかもしれないね」と言われて、はっとした。
身近な友達だって当たり前だけど見てる風景は全く同じじゃなくて、どこで柔らかいところに棘が刺さるかなんて本人にもわからないしそれに何て言ったらいいかわからないこともある。それはもうその人自身と時間以外解決できないんだろうな。
私も自分からトラジャという存在を手放そうと思ったことも一度や二度じゃないけど。今は今まで海人くんの周りにいたひとにはみんな幸せになってくれー!って思ってる。だって海人くんの大好きなひとだから。
だからこれからも1幕と言われる去年も一昨年の夏もその前もいっぱい泣いたけど、あのときはあのときで楽しかったし幸せをいっぱいもらったなって振り返る。そのときのトラジャがなかったら今の2幕と呼ばれる新しいトラジャはないから。私にとってはいつの時代のトラジャもまるっと愛しいだよ。だって、長い1幕がなければ今の2幕はなかったんだから。

それから、みゅーとのこと。
美勇人が見学に来てくれたことも振付をしてくれたことも、純粋にうれしかった。
振付の件はすごくすごく驚いたけど。どんな思いでトリプルカイトが依頼したのか、美勇人がどんな思いで引き受けたのか、3人のために振付を考えてくれたのか。
もう少し前だったら私も好意的に受け取れる心の余裕がなかったかもしれないから、すべてはタイミングなんだろうな。
でもほんとに美勇人くんが喋ってるときの海人くんがこっちが笑ってしまうくらいうれしそうだったから、結局それがすべてで。ああそうだよね、って去年の秋帝劇で白旗振って降参したことを思い出した。
色んなオタクのエゴを差し引いてもJr.の中でダンススキルはトップクラスで、アメリカにダンス留学までしたダンサーの森田美勇人に振付をしてもらうってすごく贅沢なことだ。あんな素敵な振付をもらえてよかったし、それを見ることができたのも幸せだし、宮近に教えてもらえてよかったな。

まさかの自担の怪我というアクシデントを経て、トラジャという箱への愛と募らせた平成最後の熱い熱い夏。
秋は新国立劇場日生劇場。別々のステージでトラジャがまたひとつ成長して、夢の舞台「ハリウッド」に近づきますように。

f:id:ricomica:20180903212024j:plain

f:id:ricomica:20180903212035j:plain

*1:というか、そう思わないとやりきれない部分もいっぱいある。